ホーム > 利用に当たって > ネイパル足寄とは

1 環 境

北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル足寄(愛称:ネイパルあしょろ)は、十勝平野を眺望する豊かな自然環境の中で、集団宿泊体験や自然体験などの様々な活動を通じ青少年の健全育成を図ることを目的に、平成9年に設置されました。

周辺には秀峰雌阿寒岳、神秘の湖オンネトーのほか、世界的にも珍しいマンガンが生成される滝や、湧出した地下水の鉱物質が沈澱してドーム状に成長するシオワッカ、北海道遺産のラワンぶき圃場などがあり、多彩な活動が楽しめます。

 

2 北海道立青少年体験活動支援施設のめざす姿

  心豊かにたくましく生きる子どもを育む

自然とのふれあいや集団生活を通して、自ら考え行動できる能力を培い、心豊かにたくましく生きる子どもを育てます。

◆ 自然と親しむ活動から自然の不思議さや生命の尊さを学びましょう。

◆ 仲間と協力する活動から思いやりの心を育みましょう。

◆ 自らチャレンジする活動からたくましく生き抜く力を培いましょう。

 (平成11年4月北海道教育委員会教育長決定)